EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

立位バランスが悪い症例への介入方法とは?

『歩行練習やトイレ動作・入浴動作の練習前に、しっかりと立位バランスを向上させておきたい』

f:id:EPoch:20170819094824j:plain


動作練習の前には必ず考えますよね!

でもバランス練習って実際にどうやるの?

何を観察して、評価して、どう介入していけばいいの?

はっきりとした指標を持てていないセラピストも多いのではないでしょうか?

もしも、立位バランスの評価や介入方法に自信のない方はこちらをご覧ください。


seminar.ep-och.com

 

ADLで必要とする立位バランスはとてもダイナミックで方向転換やリーチ動作などを求められます。

また、常に左右の足に重心移動を行いながら遂行していくため、

リハビリの練習として単一的な反復練習では効果的とは言えないかと思います。

今回、ご紹介している生野先生は認知神経リハビリテーションを学び、

脳卒中片麻痺の方へのリハビリに従事されてきました。


その経験から、脳卒中片麻痺の方が身体を動かく時に、

どのように考え、どのような問題を抱えながら生活をされているのかを深く考え、

その評価・治療体形を確立されております。


是非、リハビリに従事する職種の方には一度受けて頂きセミナー内容となっております。

 -------------------------------------------------------------------------------------------

EPochでは毎週、関西を中心に関東・愛知・福岡と全国でセミナーを開催しております。
あなたの求める内容のセミナーも必ず開催しています!
是非一度、チェックしてみて下さい!

 

【9/3 関西開催】

seminar.ep-och.com

 【9/3関東開催】

seminar.ep-och.com