EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

ホームページ無料作成サービスの実態

WixGoogle マイビジネス、Wordpress.com などをはじめとする無料のホームページ作成ツールがありますが、これらは一体どのようなことが出来て、どのようなことが出来ないのでしょうか。

まず共通するメリットとしては、下記の項目が挙げられます。

・なんといっても無料
・デザインスキルがなくてもテンプレートを利用できる
・自分で更新できる

これらについては詳細の解説を割愛します。
とはいっても、これらの恩恵は充分に大きいです。

これから解説するデメリットよりも、
メリットの方が利用目的に即していれば、
充分に活用できると思います。

では、ホームページ無料作成サービスには
どのようなデメリットが存在するでしょうか。

 

▼ 融通が利かない

まず、ページ作成のための編集画面が用意されていますが、
その用意された機能の範囲でしかページの編集ができません。

例えば、あるページだけメニューをなくして
ランディングページを作りたいと思っても、
「全ページに共通でメニューを表示する」方法はあっても
「特定のページだけ表示させない」という方法がありません。(Wix)

あるいは、アクセス解析を使いたくても、
Javascript 自体が設置できない場合もあります。(Googleマイビジネス)

デザインやテンプレートも細かい調整ができるわけではないので、
見る環境や画面の大きさによって起きるデザインの崩れを
直せないということがあります。

また、Wix に関して言えば、
管理するページ数が増えるほど、
編集用エディタが重くなるという評判も多く聞きます。

 

▼ 結局 SEO の知識が必要

SEO に関してある程度自動でやってくれるというのは心強いですが、
その設定方法や意味などを知っていなければさしたる活用ができません。

Google Search Console というサービスを使って、
自分のサイトの SEO の問題点を調べる方法や、
タイトルや説明文 (description) が何文字ぐらいで
どのように書くのが効果的か、といったことまで
教えてもらえるわけではありません。

簡単に挙げられるだけでも、
それぞれのサービスに SEO 上の制約があります。

タイトルや説明文を設定できない (Googleマイビジネス)
生成される HTML がコンテンツの順序通りになっていない (Wix)
SEO 用のプラグインを導入しなければならない (Wordpress.com)

これらは多少なりとも SEO の知識が無ければ、
上手に運用することが出来ません。

 

▼ 広告やロゴが表示される

無料で作成しているホームページは、
広告やサービスのロゴが表示されたりします。

個人で運営する場合はそれでも問題ありませんが、
企業が月数百円の有料プランを避けて、
無料にこだわるほどのメリットがありません。

 

▼ 自分でバナー画像やボタン画像が作れない

デザインスキルがない人でも綺麗なサイトが作れるように
テンプレートは用意されているとはいえ、
そのテンプレート以上のことは何もできません。

例えば、サービスに新しいメニューが追加された場合や、
キャンペーンを開催する場合、
トップページにバナーを掲載して告知したいと思っても、
そのバナーを作るには、デザインの知識が必要です。

 

 

最初にホームページを作る前は、
無料で良質なサービスと期待をしてしまうところですが、
結局運営を続けていくうちに、
細かいところに手が届かなかったり、
やりたいことをやろうとすると非常に手間がかかったり、
歯痒さを感じてくることと思います。

そして、お金をかける以上、
ホームページというのは「戦略的に」制作するべきであって、
「一応作っといた方がよさそう」という認識で作ると、
ほぼ確実に徒労に終わります。

 

無料でするにしてもしないにしても、
意味のあるホームページ制作を。