読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

自費サービスから見えるリアルな景色~続編~

自費リハビリサービスを8年間やってきたから、見えてくる景色があります。
 
今までは、特に大きな発信もなくここまでやってきましたが、
何かがまわりまわって、少しずつ発信することも悪くないかと思い、
担当のブログで掲載したのが、つい先日。



私の予想を覆す反応。


意外と興味あるんですかね。
自費のサービスって。

以前、記載したブログです

ameblo.jp

 



さてさて、前回から自費サービスの現状と銘打って書いておりますので、
少しずつ発信します。




さて、先日書かしていただいた
いわゆる老人ホーム(種類分けをするとややこしいので、そこは置いておきます。)
理学療法士作業療法士が圧倒的にいないという現状。

利用者様本人から
『歩きたくても、誰も見てくれないからずっと車いすです。私ならもう少しできる気がするんです。』

家族様から
『入院中はリハビリを毎日していたので、平行棒内歩くことができるようになっていたのですが。。』

施設のスタッフから
『だんだん、トイレに行くときに踏ん張ることもできずに、今ではトイレ介助は2名必要です。』


こんな話は、日常茶飯事です。



病院勤務時代の何も知らない私なら、
『施設のスタッフさんと少しぐらい運動する時間あるんじゃ?』
『トイレ介助や車いす移乗の時に少し立ち上がり練習や立位保持練習なんかやってもらえればいいのでは?』



なんて思っておりました。



はっきり言おう
『ケアスタッフさんが個別にリハビリ対応なんて、ほぼ無理だ』


これが私が目に見て感じた感想です。



ケアスタッフの方は1人で何名の方を見ないといけないか知っていますか?
介護付き有料老人ホームでは、介護保険法に基づき職員配置に関しては最低基準が設定されています。

要介護・要支援2の高齢者3人に対して最低1名を配置することが求められています。


3人に対して1名の意味が分かりますか?


トイレの2名介助がどれだけリスクが高いのか
歩行練習を10分や15分することがどれだけ難しいのか。



本当に、2名のトイレ介助ができるのか?
本当に、少しの時間をかけて立ち上がり練習や歩行練習がマンツーマンでできるのか?



本当に困っている。
それがリアルだと思います。



ということで、また続きます。