EPoch Official Blog

自費訪問リハビリサービス、セラピスト向けセミナー、IT事業、整体院事業、スポーツ事業など幅広く事業展開しています。

「表情が変わった」そんなお話を頂きました。

お世話になっております。
リハビリテーション事業部の目川です。

さて、朝夕はめっきりと涼しくなってきて、かなり過ごしやすい季節になってきました。

先日までは、日中の屋外歩行も躊躇するほどの暑さでしたが、だいぶん日差しの様子も変わってきました。

 

f:id:EPoch:20170904215532j:image

訪問先からの移動中。
綺麗な夕日が印象的でした。

 

 

さて、身体が動かしやすい季節だからこそ、
あえて身体を動かさないことで起きることをご紹介したいと思います。

 

 


私共の訪問リハビリサービスも開始から多くの方にご利用いただいてまいりましたが、
開始理由も目標も色々ありました。

もちろん、歩けない、立つことが出来ない、などの身体機能の問題に対して要望いただくことが多いですが、
リハビリの効果はそれだけという訳ではありません。

 

 


身体機能が低下している状態というのは、精神機能も同じように低下している場合が多いです。


よくよく考えれば当たり前の話ですが、身体が思うように動かないのに、
モチベーションや心理状態が安定し続けることが中々至難の業です。


大きなケガや病気で運動機能が低下した際に、認知面への影響も大きくありません。
特に高齢の方は、臥床期間が長くなることで、せん妄や認知機能の低下がよくおこることがあります。

 


廃用症候群の症状:精神・神経】
・うつ
認知機能・行動力の低下から、精神的に落ち込んでしまう。
・せん妄
軽度の意識混濁から見えないものが見えたり、混乱した言葉遣いや行動をする。
見当識障害
今がいつなのか、自分がどこにいるのか分からなくなる。

 

私達のサービスをご利用いただいたご家族様からよく頂く話の中に、
「表情がしっかりしてきた」「話をよくするようになってきた」「久しぶりに笑った顔をみるようになった気がします」そんなお話を頂くことがあります。

 


もちろん、目標は「歩行の獲得」や「トイレまでの移動を自立したい」などの身体機能面へのアプローチがきっかけだったのですがそれだけではありませんでした。

 


しっかりと今後もご利用いただく方の生活が豊かになるように関わっていければと思います。

 


弊社訪問リハビリサービスは、運動機能へのリハビリサービスだけでなく、
日々の生活をどのように過ごしていくかをしっかりと考えております。


生活していく中での悩みやお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

reha.ep-och.com

 

徹底した実技講習会

いつもお読みいただきありがとうございます。

セミナー事業部の久保田です。

 

さて、この週末は2日間の実技講習会がありました。

講師は京都下鴨病院の小野志操先生にお越しいただき、実技講習会を開催させていただきました。

 

f:id:EPoch:20170904230947j:image

 

今回の2日コースは小野先生たっての希望でして、少しでもお金を払ってきてくださるのであれば、徹底的に実技を学んで帰ってほしい、そのためには1日では伝えきれないので2日コースでお願いしたいというご要望をいただきました。

 

 

その先生の熱いご要望により、北は北海道や茨城県からも受講生が来てくださいました。とても熱い2日間になったのではないかと思います。

 

数々の講習会をしてきましたが、やはり2日間ともなると受講生の目の色は全然違います。休み時間も積極的に質問をされる姿勢が見られていました。

 

f:id:EPoch:20170904230927j:image

 

今後もこのような講習会をしっかりと開催していきたいなと考えています。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

 

 

※12月講習会の掲載開始!千葉慎一先生などのセミナーが盛り沢山!!

seminar.ep-och.com

肩が挙がらない!という方へ。

メディカル整体院SpAid伊丹店の石原です。

今回は、リハビリの現場でも整体院でもよく遭遇する、『肩の痛み』について、

少し、お話しさせて頂きます。

f:id:EPoch:20170902095616j:plain
肩が痛い、というのは肩こりとは別に、手を挙げたり・物を持ったり・扉を開け閉めしたりする時にズキっとする痛みが出現するものです。

一般的には五十肩などと言われますが、この肩の痛みは一度出現してしまうと厄介です。

なぜか...

まず、肩は人間の関節の中でも一番と言っていいほど、色々な方向に動きます。
これは、これは人間が手を使って生活するように進化を遂げてきた結果であると思いますが、それにより、肩の関節は 【動き>安定力】という形態をとってしまいました。

f:id:EPoch:20170902095848j:plain


また、関節より複雑に動くため、肩の関節と呼ばれるものが5つも存在し、またその他にも直接ではないですが、肩の動きに作用する周辺の関節がいっぱいあります。

そして、肩の関節動きの拡差をカバーするために、ローテータカフという筋肉や肩峰下滑液包などという肩関節特有の構造物が存在しています。

f:id:EPoch:20170902100049p:plain

『構造が複雑で様々な関節が関係していること』

『普段は動く範囲が大きく、不安定な関節であるおと』

この二つの要因が特に、肩の痛みを長引かせ、ひどくさせている要因と言えるかもしれません。

それでは痛みが出てしまった場合はどうすれば良いのか。

それは、安静です!

f:id:EPoch:20170902100533j:plain
基本的ではありますが、人が生活する中で、肩を安静にすることほど難しいものはありません。

しかし、重症化させないためにもまず、安静をしっかりととるようにしてあげて下さい。

今まで頑張りすぎた自分の体を労わるようにしていきましょう!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
当院では肩こりや腰痛など、日常生活や仕事・趣味活動をする中で起きる身体の不調に対してリハビリの知識を持ち合わせたセラピストが施術を行います。
もしもご興味ある方はこちらをクリックしてみて下さい(^^)/
店舗HP→

sp-aid.com



HPだけに載ってるお得な割引情報なども満載です!
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

目標をクリアする。

いつもお世話になっております。

リハビリテーション事業部の目川です。


さて、先日ブログでも掲載した
お墓参りについて

epoch.hatenadiary.jp

 

本日、施設の方から「お墓参りに行かれましたよ」とお話を頂きました。

 

この方のリハビリを開始した理由が
「お墓参りには継続していけるようにしたい。今は膝が痛く歩けないので、何とかそこを目標にしたい」でした。

リハビリ開始時は、ベッド上での生活が増えてきているとの話でしたが、現在は施設内も独歩であるけるようになっています。


一つ目標が達成できよかったと思います。
今後も継続できるようにしっかりとサービス提供していきたいと思います。

 

f:id:EPoch:20170829230912j:image

 

空も少し秋の様子になってきました。

冷やす? 温める? 家庭で出来る痛みへの対処方法。

今、身体のどこかに痛みを抱えて生活している方や、

痛みを訴えられているご家族様はいらっしゃいますでしょうか。

f:id:EPoch:20170825210137j:plain


痛みとは本来、生命維持活動には欠かせない私たち人間が発するサインです。


しかし、中には生命維持活動には関係しない痛みが出現することがあります。


それは『慢性痛』です。


ケガや病気をした際に、適切な処置をしていれば自然と痛みは消えていき慢性化せずに済むことが多いと思います。

慢性痛では、ケガや病気に対して適切な処置が行われず長い間、交感神経系が興奮して痛みがある部分の血管の収縮や筋肉の緊張状態が続いてしまいます。

すると次第に痛みが続いていた部分の血行が不良となり、またそこから痛みを発生させる物質が出てきてしまいます。

 つまり、『慢性痛』の場所は『血行不良』であることが多いのです。


それでは、どのように対処をすれば良いのでしょうか?


血行が悪いということは血行が改善する働きがけが必要になります。


まず簡単に身体の血行を改善させる方法として『温め』です。


身体をしっかりと温めてあげることが大切になります。


勿論、全身運動など身体を温めることが効果的ですが、なかなか身体が動かせないという方は、温めるような道具を使い、痛みの辛い場所(例えば、腰・膝・股関節・肩など)に当てて、局所的に温めてあげることも大切です。


※ご自身で温められる場合は皮膚の状態などに気を付けて低温やけどに注意をして下さい。

適応は20分程度の温めにとどめるようにして下さい。

気になったので調べてみました。

今年の夏は何かが違う?

 

さて、盆休みもあけてちらほらと朝夕は少しだけ涼しい感じも出てきました。f:id:EPoch:20170820215646j:image
昼間はまだまだ夏の暑さは残っていますが、ふと空を見上げると雲が秋を感じるようになってきました。

 

 

 

 

甲子園みてますか?

 

f:id:EPoch:20170820215547j:plain

 


訪問に行くとかなりの確率でテレビは高校野球がながれていることが多いです。

 


熱戦が続いてどの試合もかなり盛り上がっているようですね。
私は訪問の移動中などの情報なので途切れ途切れ。。


でも、野球をやっていたものとしては何年たっても気になるものです。

 

 


さて、秋を少し感じるといってもまだまだ暑いです。
関東方面は雨が多いようですが、関西は暑い日が連日。

しっかりと水分補給は忘れないようにしたいところです。

 


水分補給の際に忘れてはいけのが塩分の摂取。


私たちの身体には、ほぼ0.9%のナトリウムを含んだ血液が循環しています。また汗をかいた肌をなめると塩辛い味がすることからわかるように、汗にはナトリウムが含まれています。大量に汗をかいてナトリウムが失われたとき、水だけを飲むと血液のナトリウム濃度が薄まり、これ以上ナトリウム濃度を下げないために水を飲む気持ちがなくなります。同時に余分な水分を尿として排泄します。この状態になると汗をかく前の体液の量を回復できなくなり、運動能力が低下し、体温が上昇して、熱中症の原因となるわけです。

 


塩分摂取の目安は1ℓで2g程度(ティースプーン半分)が必要です。

2gってどれぐらいというと、結構多いのが私の印象です。

 

ちなみによく見るスポーツドリンクだと

アクエリアスは100mlあたり 0.1g
ポカリスエットは100mlあたり約0.12g
GREEN DA・KA・RAは100mlあたり0.1g
KRIN LOVES SPORTS100mlあたり0.1g

スポーツしながら大量に汗をかいている時に摂取するには若干少ないのかなという印象。


熱中症対策の飲料水として、かなりメジャーになってきた
大塚製薬のOS1は100mlあたり0.292gの塩分が入っているとされています。

 

これはやはり、しっかりと塩分が入っているようです。

 

 

しかし、OS1は常に飲む飲料水ではないですね。
この飲料水を常に飲み続けると塩分摂取量が多すぎます。

 

 

適切な水分補給をするためにも、たまにはこんな細かいところを見てみるのもいいかもしれません。

福岡から東京まで幅広く活躍する講師の共通点とは?

いつもご覧いただきありがとうございます。

セミナー事業部の久保田です。

 

さて、今日は東京では弊社の石原が講義に伺わせて頂いております。

そして大阪では、大阪人間科学大学の弓岡教授と、貴志川リハビリテーション病院の浅見先生にお越し頂いております。

 

石原の講義風景

f:id:EPoch:20170821213538j:image

 

弓岡教授の講義風景f:id:EPoch:20170821213550j:image

 

浅見先生の講義風景

f:id:EPoch:20170821213621j:image

 

 

弓岡教授は福岡に在住で、普段は大阪で仕事をされているようなのですね。

毎週全国各地を飛び回り、来月は鹿児島で2週間のボバース講習会があるとか!!

 

そして浅見先生は地域の企業からオファーをたくさん頂いているようです。

 

 

やはり地域や全国で活躍する先生は違いますね。

 

 

弊社の石原も今年に入っていろいろなところから来てほしいというアンケートにも頂いておりますので、嬉しい限りです。

 

 

そこまで選ばれる講師には、共通点があるんじゃないかなと私は思っています。

これについては、確信めいたものが出ればここでご紹介させていただきますのでお楽しみに!!

 

 

------------EPoch seminarはこちらから---------------

 

seminar.ep-och.com